カルマンギア購入計画バイヤーズガイド カルマンギアを買う 本文へジャンプ

ハローカルマニスト カルマンギア カルマニア KARMANN GHIA
ハローカルマニスト


 空冷トラブル日記 カルマンギアのメンテナンスやドレスアップ修理など
管理人のブログ
他車との比較


カルマンギアの購入を検討している方にとって、いったいライバルのクルマはなんだろうと考えてもあまり思いつかない。ここは年代とかを無視してスタイルの優れたと思われるクルマと比較してみることにした。あくまでも独断と偏見です。

ライバル車



     カルマンギア
Karmann Ghia
フィガロ
308GTB
メーカー VW 日産 フェラーリ
年式 1955年〜1973年 1991年 1975年〜1985年
全長/全幅/全高(mm) 4140/1634/1330 3740/1630/1365 4230/1720/1120
ホイールベース(mm) 2400 2300 2340
車両重量(kg) 810 810 1090
エンジン A型 MA10ET -
排気量(c.c) 1192 987 2926
最高出力(ps/rpm) 30/4400 76/6000 255/7000
最大トルク(kg-m/rpm) 7.7/3000 10.8/4400 30.0/5000
価格 168万円 196.4万円 2000万円

ボディー

何度も触れていますが、カルマンギアの最大の特徴はボディデザインだ。イタリアのギア社の秀逸なデザインによって生まれた。このデザインだけでまさしく「買い」と言える車です。
この形が大好きで購入したという方がほとんどだと思います。特に斜め後ろから見た姿に惚れたオーナーは多いだろう。
ギアがデザインしたボディ

エンジン

オリジナルスタンドエンジン
オリジナル6Vスタンドエンジン
今どき空冷エンジンで30馬力しかないなんて…。初めてこのスペックを見ると全員が思う言葉だ。
しかし、この1200ccエンジンがなんとも扱いやすく現代の路上でも十分に通用する。年式により排気量も増え、最終的には1600cc50馬力になる。
1600ccを積んだカルマンギアは高速道路で追い越し車線を走り続けることが可能なほどパワフルになっている。もちろんチューニングパーツも豊富なのでカルマンギアで現代のクルマをぶっちぎることも決して不可能でなない。それほど組成のいいエンジンだ。
また整備性にすぐれ、シンプルな機構とあいまって素人でもメンテナンスが十分に可能なのです。
このクルマに乗ると、クルマはスペックではないことに気づかされるだろう。

価格

比較表には後期型のカルマンギアコンバチの当時のヤナセ販売価格を載せています。
新車当時はビートルの2倍の価格だったカルマンギアではありながらビートルでは飽き足らないユーザーに受けたカルマンギア。
90年代のバブル景気にはアメリカから多くのカルマンギアの中古車が並行輸入された。その当時はカブリオレが普通に300万円以上の店頭価格でしたが、現在日本ではバス人気とともにカルマン人気が下降し当時輸入された車両がかなりあふれていると感じます。そのため中古車価格もかなりこなれてとても購入しやすくなっています。
角テールは世界で日本が一番安い相場のため、海外から買い付けに多数来ている状況です。今が一番の買い時だと言えます。
ギアコンブ
店頭価格148万円 バブル時の半額!
私が購入した群馬のカーハウスさん

なぜカルマンギアなのか?

ドレスアップ
このようにキワモノのドレスアップも自由
世界中にはいろんなスポーティークーペがあります。事実私もインターメカニカ356ロードスターも所有していますし、その前はアルファロメオスパイダーを所有した時期もありました。カルマンギアを選ぶにはいろんな理由があると思います。私の経験では20年前に生まれて初めてカルマンギアを見て、そして所有しました。そのときはこんなにカッコよくてオシャレなクルマをかつて見たことがないという印象でした。それから20年経過した今もカルマンギアに乗っています。今見てもカッコよくてオシャレなクルマだと思います。もちろんスタイルだけではありません。
運転して楽しく、そして故障して楽しく、仲間が増えて楽しいのがカルマンギアだと思います。故障がなぜ楽しいのか?決してマゾではありませんが、機械オンチの私でも調子が悪くなったら、自分で故障箇所を判断でき、そして修理が出来る…。今のクルマでは考えられません。
スタイル、ドライビング、メンテナンス、ドレスアップ、仲間…クルマ好きとして趣味のファクターがすべてこめられているのがカルマンギアのすばらしいところだと感じます。


最新のポルシェはどうか?

比較するものではありませんが、同じリアエンジンを搭載するポルシェの購入はどうだったのか?
私はカルマンギア愛好家ですが、ポルシェも大好きです。ただし今のポルシェは全然ダメ。フェルディナント・ポルシェ博士が生きていたらさぞかし嘆くであろうと思います。ポルシェはどの時代でもナンバー1であってこそ「ザ・ポルシェ」だと思う。実際昔はそうだったけど今ではブランドイメージは高いかもしれないが中身は日本車に負けている。


カルマンギアのレプリカも存在する

オスターマンGRカリフォルニア ドイツのオスターマン社ではカルマンギアのレプリカを生産する。もちろんベースはオリジナルと同様にビートルなので一概にレプリカとは言えない一面も(笑)
販売価格や品質は不明ですが、少なからず新車でカルマンギアに乗れるというのはファンにとってすばらしいことです。
車名:GR California

カルマンギアの買い方飼い方
   
ヒストリー  特徴  他車との比較  買い方  モデル別バイヤーズガイド  問合せ  TOP